TV版【進撃の巨人第1期】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

TV版【進撃の巨人第1期】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

巨人が人を喰い、全てを支配する世界…人類の成長と戦いを描くダークファンタジーで有名な作品といえばTVシリーズ【進撃の巨人第1期】ですよね!

今日はTV版【進撃の巨人シーズン1】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、TV版【進撃の巨人シーズン1】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトU-NEXTがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【U-NEXT】に登録すれば、

今すぐ無料でTV版【進撃の巨人シーズン1】を見ることができるよ〜

TVシリーズ【進撃の巨人第1期】を無料で観られるU-NEXTって何?

TV版【進撃の巨人シーズン1】が無料で観られるU-NEXTってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、U-NEXTについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

U-NEXTで配信中の作品

TV版【進撃の巨人シーズン1】は見放題無料の作品なので、登録でもらえる円分のポイントは他の作品を見るのに使えます

U-NEXTの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにU-NEXTの無料トライアルを利用済みで、どうしてもTV版【進撃の巨人シーズン1】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、TV版【進撃の巨人シーズン1】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT
Hulu×
TELASA
Paravi×
FODプレミアム
Abemaプレミアム
amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV△(ポイント利用可)
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

U-NEXT以外でもその他のサービスを利用すればTV版【進撃の巨人シーズン1】を今すぐ見られるよ!

TELASA

FODプレミアム

Abemaプレミアム

dTV

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

TVシリーズ【進撃の巨人第1期】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

TVシリーズ【進撃の巨人第1期】の作品概要

TVシリーズ【進撃の巨人第1期】の感想

 

シーズン3が放映中の今、このシーズン1の第1話は序章に過ぎないけど、見るものを引き付けるには十分な内容です。この先も残酷なシーンが満載だけど、この残酷さは他のアニメにはないので評価できる。シーズン3の最新作の放映が待ち遠しい毎日です。

 

バトル漫画原作のアニメ化の模範的成功例として、アニメ史上に永遠に刻まれるべき名作。
原作は巨人という強大な敵を相手に立体機動で戦うというアクションの目玉があるが、それが動画になることでこれほど見映えがするとは。
私自身、アニメ放映前から原作は認知していたものの、失礼ながら原作漫画の画力が今ひとつだったことから購読を敬遠していた。が、アニメは一目見て引き込まれた。

初回の第1話も素晴らしいが、このアニメの真髄を知るには第17話「女型の巨人 ~第57回壁外調査①~」を観てほしい。というか興味がなくてもこの回だけは観てほしい。
エレンたち104期生にとって初めてとなる壁外調査の緊張感、いつ巨人に襲われるとも知れない恐怖、初登場となる女型の巨人の不気味さ、惜しみなく投入される立体機動…『進撃の巨人』の魅力が凝縮されている回だ。
そういった見どころ盛り沢山の内容を、高品質な作画、演出センスが光るシーンやシークエンス、スピード感と躍動感溢れるアクション、声優の名演技、劇伴を効果的に切り替える素晴らしい演出、巨人の重量を肌で感じられる音響などなど、業界トップクラスのクオリティの塊が支えている。
すべてが完璧で、TVシリーズとは信じられない、カロリーの高すぎる回である。私はたまたま観た初めての『進撃の巨人』が運良くこの第17話で、あまりのクオリティに度肝を抜かれた。
アニメーターにとってはなおのこと、とても勉強になる回だと思う。

また、忘れてはならないのが、各OPの出来の良さ。第1クール・第2クールともに素晴らしいが、特に第2クールのOPのセンスには脱帽。1カットたりとも疎かにしない、すべてのカットが主題歌のテンポ・旋律と最大限リンクするよう練りに練られている。どのカットも単純に絵として見ても格好良く、並大抵のセンスの持ち主では成しえない神業だと思う。

原作者の諫山創は本アニメを評して、
「アニメ『進撃の巨人』は大成功したと断言させていただきます。よく「人それぞれ考え方が違って~」っていう面倒くさい前提を使いがちになりますけど、これに関してはその人それぞれの考え方はありませんし、人それぞれの見方はありません!
誰がどう見ても大成功しました!!」
と語っているが、宜なるかな。原作者ならなおのこと、感動もののアニメ化だろう。
今作はプロダクションI.Gの子会社として独立したWIT STUDIO初の元請作品となったが、I.G本体の制作協力もあったとはいえ、設立まもないWIT STUDIOの存在感を一躍高からしめることに貢献したことは疑いの余地がない。

アニメ『進撃の巨人』はシーズンごとに作品の雰囲気が変わっていくが、このSeason1は巨人という存在について最も情報量が少なく、世界の謎がほとんど解明されていない状況であり、「人間 対 巨人」の絶望感・無力感が最も色濃く表れているシーズンである。
人類側に有力な対抗手段も存在しない状態なので、視聴者に巨人の恐ろしさが最もよく伝わるシーズンでもある。
よく本作のヒットを時代や震災に絡めて語る自称評論家や批評家が見られるが、個人的に本作がヒットした理由はそのような後知恵の理由とは関係なく、単純に作品として「巨人という強大かつ不気味な敵を相手にする人類の絶望感と無力感、恐怖感」を読者・視聴者にダイレクトに表現し伝えることに成功したからだと思う。
その証拠に、主人公のエレンが巨人化してから、あるいは作品世界の謎が徐々に明らかになるにつれて、「期待していたのと違う」「当初の進撃から変わってしまった」と感じるファンも現れるようになった。
であるからこそ、Season2は「巨人 対 巨人」、現在放映中のSeason3は「人間 対 人間」と徐々に物語の力点がシフトしていくが、このSeason1の雰囲気こそ「進撃」である、とするファンも多いだろう。
アニメーションとして見ても、Season2や3もクオリティは高いのだが、今の所このSeason1が頭一つ抜けている印象だ。表現や演出も原作を上回っていると断言できるクオリティがこのSeason1にはある。
作品はまだ完結していないが、今ならまとめて観られるSeason1だけでもまずはチェックしてみてほしい。

 

漫画は24巻まで読んでいますが、アニメも評判が良いため観てみました。
結果、超ドはまりし3日で25話イッキ観してしまいました。
漫画も良いですが、アニメもまた良いと感じましたのでその点について記載いたします。

●登場人物について見分けがつきやすい
原作は、あまり絵が上手とは思いません。
特に、初期のころは登場人物が多いにもかかわらず、皆似ているため見分けるのは困難を極めました。
しかし、アニメはカラーであり声もあるため、登場人物の見分けはずいぶん簡単で見やすいです。
単純に人物の見分け方向上の話ですが、結構複雑な話なため、この差によって物語への没入感が劇的に変わります。

●臨場感がある
前述したように、この作者は絵があまり上手いとは思えません。
この物語は、臨場感あふれる劇的なシーンが多いのですが、その表現力についてはアニメの圧勝と思います。
例えば、漫画では特に響かなかったシーンも、アニメで泣かされてしまったこともあります。
(アルミンがエレンは敵ではないと、銃を向けた憲兵団の前で力説するシーン)

ご存知のように、原作はかなり練られた作品で大変面白いと感じていますが、
アニメはそれを台無しにせず、より良く作られていると思いました。
従って、原作既読の方は、アニメも併せて観ることをおすすめしますし、
どちらか一方しか観れないという方には、漫画よりもアニメの方をお勧めします。

 

ファンタジーバトルアニメ。
原作既読。
原作はかなり面白いので、アニメにも期待して視聴。
人間と巨人の戦いというものすごくシンプルな内容でありながら、謎の巨人の存在とそれに抗う人類との戦いが熱くて面白い。
そのあたりはアニメで上手く表現されていたと思う。
巨人の圧倒的な迫力や、その巨体が走り回る疾走感、それに抗う人間の絶望感が伝わってくる。
それになんといっても立体起動である。ものすごいスピードで縦横無尽に動きまくる姿はかなりのもの。何度も見返したくなるほど。
アニメのオリジナル要素もよく、原作で説明不足だった部分を上手く補完したり、話をまとめたりしている。
OPはなかなか壮大で熱くて良い。特に前期OPが好きである。
不満としては、やたらと静止画が多いのと、あらすじが長くて尺稼ぎみたいになっているところか。作画が大変で時間が足りないのは分かるが。
原作のストックがたまったら2期もやるだろうから期待したい。

 

Amazonより 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました