TVシリーズ【あのはな】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

TVシリーズ【あのはな】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

幼馴染の死という過去を抱えた若者たちの淡い恋や罪の意識、絆や成長を描いた作品といえばがTVシリーズ【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】ですよね!

今日はTV版【あの花】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、TV版【あの花】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトFODプレミアムがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は FODプレミアムサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【FODプレミアム】に登録すれば、

今すぐ無料でTV版【あの花】を見ることができるよ〜

TVシリーズ【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】を無料で観られるFODプレミアムって何?

TV版【あの花】が無料で観られるFODプレミアムってどんなサイト?

アヤしくないの?

 

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、FODプレミアムについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

FODプレミアムで配信中の人気作品

配信状況は2020年3月現在のものです

FODプレミアムの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにFODプレミアムの無料トライアルを利用済みで、どうしてもTV版【あの花】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、TV版【あの花】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT
Hulu×
TELASA△(ポイント利用可)
Paravi×
FODプレミアム
Abemaプレミアム×
amazonプライム
dTV×
TSUTAYA TV×
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

FODプレミアム以外でもその他のサービスを利用すればTV版【あの花】を今すぐ見られるよ!

U-NEXT

amazonプライム

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

TVシリーズ【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

TVシリーズ【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】の作品概要

TVシリーズ【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】の感想

 

泣けるアニメ最高峰として名高い高品質アニメ。小学校時仲良しグループだった男女6人がヒロイン少女の事故死にそれぞれだかまりを覚え、バラバラに心が離れてしまった高校生時代。死んだはずの少女が、リーダーだった少年の前に姿を現すところからストーリーが始まる。
そこからみんなが揃う必要があると言う少女の願いを叶えてやろうと、バラバラだった仲間達が集まって来るが、それぞれの思いが交錯し本音を吐露してぶつかり合う中で再び仲間の絆を回復していくベタだけど感動的な青春ドラマ。
蘇ったヒロイン少女「めんま」の姿がリーダーだった少年「じんたん」にしか見えないと言う設定を生かし、細かく丁寧な描き方で各キャラの心の動きがしっかり伝わって来る。個人的には第一話を見た段階で、尋常でないクオリティの高さに感嘆した。女子高生を扱っていても凡百の萌えアニメとは確実に一線が引かれているのは、まず第一に描写の細やかさに現れている、メインの6人はもちろんの事、脇役に至るまで、決して類型的でない、しかもどこかに実在しそうな人物を造形していて素晴らしい。
最後は作り過ぎなくらい「泣かせよう」と言う意図が如実な演出だけど、初めから丁寧に観ていれば安心して泣ける、そんな完成度の高さだと思う。キャラクター造形もストーリーも気をてらうことのない王道だけど、各パーツの精度を上げていけばこれだけ見事な感動作が出来るのだろう。私も変に粗探しをするつもりはない。世評通り感動するアニメのベストと認定する。

 

イタリア語版ですが、言語を日本語にして、字幕表示なしにするとほぼ日本版と同じになります。違うところは、一話目と最終話のそれぞれのエンディングのみがイタリア版になっていて、お馴染のあの歌ではない所です。他の歌はすべて日本語のお馴染の歌が入っていますが、声優の名前の表示などはイタリア語です。

PCで普通に再生できます。DVDプレーヤーなどでは再生できません。

が、我が家のBDプレーヤーでは再生できました。SONY  BDP-S1100 です。説明書にもpal形式には対応していないと書いてあり、他のpalディスクは再生できないのですが、これだけはできました。なぜなのでしょう。

内容は、素晴らしい、の一言です。フランダースの犬、以上の名作です。

 

この作品は、『超平和バスターズ』のメンバーそれぞれが、思春期にありがちな恋愛、嫉妬、友情、劣等感を通して成長して行く青春群像劇でもあるが、それ以上に、愛する人との突然の別離の悲しみと、そこからの再生を描いた普遍的な青春ドラマである。

第1話から、主人公のじんたんを通して日常から見えてくる現実の辛さや他の仲間たちとの距離感や心の機微が上手に描かれてます。その合間で描かれる山間の美しい風景描写であったり、無条件にノスタルジーを彷彿とさせる秘密基地であったり、住宅街と自然とが共存する秩父という舞台設定がリアルで、背景が良く描き込まれていて町並みが綺麗。そして、じんたんが秘密基地に走っていくシーンの、その流麗な作画に続いて、明るく振る舞っていためんまが「めんま、 自分が死んでることくらい 知ってるよ」と言う所から、あのエンディングが 絶妙なタイミングで流れ出す。ここの見せ方、演出が非常に良かったです。
毎回、このエンディングテーマが絶妙なタイミングで挿入されるので、更に感情が高まりました。

登場人物については、皆すごくキャラが立ってると思います。
とはいえ、やはり一番好きなキャラはめんまですね。天真爛漫なめんまの可愛らしい見た目に反して、打たれ強く、芯が真っすぐに通っていて仲間思い、ですが他のキャラよりも子供っぽくて……でもある意味いちばん大人っぽくって……。幽霊だけど、まるで生きてそこにいるような描写が印象的だった。
そんなめんまに対する5人それぞれの交錯する感情がすごく丁寧に描かれており、物語が進むにつれ、めんまを通して昔の仲間が繋がってくる様子は胸にくるものがありました。
そして……ハルジオンの花言葉に隠されためんまの願い……。
ラストでみんなにめんまが見えたとき、感激してめんまが泣きそうになるが、涙をこらえて微笑みをつくるところ……涙を流す際の目のウルウル演出が最高でした。「見つかっちゃった」と大粒の涙を流しながらも最後に見せた笑顔を見て、最後まで見て本当に良かったと思えました。

 

映画を先に観ました。
11話のTVシリーズにするには、長すぎるのではと思っていましたが、
キャラクターのひとり一人を深く、丁寧に描いていて、中だるみすることなくうまく纏まっていると思います。
心の小さな動き、言葉に表せない気持ち、後悔や嫉妬、思春期にしか持てない細やかな感情など、
脚本の岡田磨里さんの力が大きいと感じました。

高校生にもなって、小学世時代のあだ名で呼び合うとか、超平和バスターズはずっとなかよしとか
幼い、青臭いと批判する人もいるでしょうが、思春期って大体青臭いと思うんです。
岡田さんの優しく、ガーリッシュな世界観が苦手な人はいると思いますが、私は好きです。
めんまだけが、精神的成長が止まっている(小学生のまま)のが、上手く物語を展開させていると思います。

今の時代に量産されるアニメたちと較べても、非常にクオリティが高いし、作り手の熱量が大きい、
いい作品です。おすすめします。
この作品の2年後、主要メンバーが再結集して「心が叫びたがっているんだ」が作られましたが、
「あの花」の方が私は好きです。

 

Amazonより 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました